松坂屋豊田店2階のお花 No.1

お正月からお飾りしている松坂屋豊田店2階通路のお花。リバーシブルで制作したとご紹介しましたが、今はお正月の時の反対側を表に飾っています。一部生花の手直しをした為、若松以外はアーティフィシャルとなります。木札は福と笑です。

更新日:2021.01.17 (Sun)


1月のレッスンについて

今週火曜日から1月のレッスンがスタートしました。生花、プリ&アートコース共に春らしいお花をご紹介しています。寒い中お越しいただいた皆さんありがとうございます。
昨日緊急事態宣言が発令されました。それに伴い一層の対策をとりたいと思います。教室の皆さんには、メール、LINEなどで1月のレッスンについてお知らせをいたしました。お読みいただきますようにお願いします。まだお知らせが届いていない方がおみえでしたら、お手数ですが教室にご連絡をお願いします。不明な点もお問い合わせ下さい。ご協力をお願い申し上げます。
お花は、お正月生花レッスンで使用の豊田市産檜の器を使いイエロー系の生花にいけかえました。シンビジュウム、マム、椿、アセビ。大小2作並べてとびいけのように飾っています。

更新日:2021.01.14 (Thu)


干支薄氷

今年の干支は丑。希花亭のレッスンやポップアップでご用意した豊田市産檜を使った文字飾りにも丑をご用意しました。こちらのお菓子、牛の柄になっています。富山県の薄氷本舗五郎丸屋さんの干支薄氷です。
このお菓子を毎年お世話になっている方からいただくのですが、正月用の干支のものと、夏には蛍など季節の風物が描かれたものなどあり、シンプルだけど可愛いんです。数年前、偶然テレビで16代目になる方が伝統に新しさを加えたモダンなお菓子“T5”の誕生について語られるところを拝見したことがあります。
260年続く五郎丸屋さんのホームページには、看板の銘菓「薄氷」は、宝暦2(1752)年に5代目によって誕生したこと。北陸の深い雪がようやく溶けはじめる如月、弥生の早朝。田んぼの水面にうっすらと張った、今にも割れそうな氷を干菓子に映したものと説明がありました。ここ数日寒さが続き、希花亭の駐車場にも今朝は薄っすらと氷が張っていました。一年で一番寒い季節、春が待ち遠しいですね。

更新日:2021.01.09 (Sat)



お花の教室希花亭ページ上部へ